fo76

Fallout76BETA-PCで参加しました

Fallout76ベータ版やりました。15時間程度やっただけですが、Fallout4とほとんど変わらない感じです。グラフィックも変わった様子がありません。

まずはキャラメイクから始まり。Vault76(核シェルター)からスタート。Vault内で簡単なチュートリアル的な案内があります。Vaultの外へ行き荒廃した世界へ。

Vault76の近くに最初の建物発見。登ってみるとバンジョーという楽器があります。弾いてみると音楽が流れます。なにやらチューニングが合いました。と表示されるが、どういった効果かわかりませんでした。

ベータをやって感じたFallout76の特徴

C.A.M.P:携帯できる拠点です。どこにでも設置できるとしていますが、設置するには結構場所を選びます。街以外の平坦な場所に設置できますが、最初は設置できる場所を探し回ることになります。CAMPの移動にはキャップ(ゲーム内通貨)がかかります。

収納箱スタッシュ:荷物やアイテムを保管できるもの。

街や森いろんな所にありますが、最初は見つけにくいでしょう。スタッシュはどこのスタッシュからでもリンクされていますCAMPからも荷物の出し入れはできます。

オンライン他のプレイヤーと一緒に遊べます。緊急ミッションがMAP上にいくつか発生します。近くのプレイヤーと協力してミッションをこなすのは面白かったですね。

しかし私の場合ほぼソロゲーでした。ゲームが進んでくるとMAPが広いので、プレイヤーが散らばり一人で黙々とクエストをこなす事のほうが多かったです。フレンドがいたら一緒に遊ぶと面白いかと思います。ま、序盤のうちはゲームを把握するのが一生懸命なのでソロで遊ぶ人も多かったと思います。

賞金首:他のプレイヤーを倒したり、他のプレイヤーが所有している物の鍵を開けたり、物を盗んだりすると賞金首になります。賞金首になるとMAP上で他のプレイヤーの位置が把握できなくなります。逆に自分の位置は賞金首プレイヤーとして他のプレイヤーのMAPに表示されます。賞金首を狩るとキャップが入り、賞金首として狩られると自分のキャップから支払われます。

私は他のプレイヤーが所有している荷物だと気づかず、うっかり鍵を開けてしまい賞金首になりました。

クラフト:料理や武器、防具等を作成するにはレシピ等を習得する必要があります。MOBがもっていたり、街などに落ちていたりするので片っ端から拾って習得しましょう。

ボイスチャット:近くにいるプレイヤーとボイスチャットでコミュニケーショーンが取れます。もちろんミュートでも遊べます。エモートという感情表現を簡単にできるアクションもあります私は英語が苦手ですので、ほぼこのエモートを使って乗り切りました。今回のベータ版では英語しか聞こえませんでした。PC版だったので日本人が少なかったのもあるかもしれません。テキストチャットはありませんでした。

ファストトラベル:訪れたことのある場所にロードを挟み移動できます。ファストトラベルを使用するにはキャップを支払わなければいけません。移動距離によってキャップの金額が変わります。

他にもたくさんFallout76ならではのS.P.E.C.I.A.Lや建築などたくさんありますが、あんまり把握できませんでした。ベータならではの不具合もあり、てんやわんやしながらでした。後半スクリーンショットが何故か撮れなくなってしまったんですが、私の環境ですかね…。正式リリース始まったらまた検証してみたいと思います。